にゃんきちのプロフィールをのぞく

犬夜叉119・120話奈落が白霊山に近づいた訳と魂の本当の救済方法とは

アニメ・漫画の部屋

こんにちは!にゃんきちです。

今日はアニメ犬夜叉119〜120話の感想も交えつつ、このお話で出てくる白心上人の過去と彼の魂が救われること・方法についてと奈落が白霊山にいる彼に近づいた理由について書きました!

犬夜叉119〜120話 白心上人の入滅するまでの過去

【犬夜叉】白心上人の清浄すぎる結界と白霊山に奈落が入れた理由
最近自分が妖怪かもと思っている、にゃんきちです。 今回は犬夜叉の七人隊編で出てくる白霊山についての疑問についてです。 …

↑でも少しばかり、紹介しました白心上人です。

 

白心上人は生前、なんの迷いもなく人々を救いたいと思い行動してきました。彼は迷い悩み苦しむ人々を助け、人々も彼に救いを求めていました。

白心上人は迷える人々に道を示し、救わねばならない立場にいたため「迷うこと、悩むこと、苦しむことが無いいつも道を示してくれる存在」であらなければいけませんでした。

しかし白心上人も人間です。彼は病に倒れてしまいます。人々は「白心上人様がいなくなられたら誰が我々を救ってくれるのか」と嘆き悲しみました。

白心上人は「救う者」として村人達に答えなくてはいけませんでした。

そして、白心上人は、自分が死んでからも村の人々を救う存在でありましょうと皆に約束し、生き仏となることを決めます。

白心上人は白装束に身を包み、鈴をひとつ持って箱の中に入り、箱は、土の下に埋められました。

白心上人は鈴を鳴らし続けました。

鈴の音が止まった時、それは白心上人の命が耐え生き仏となった時。「入滅した」と、外で待つ村の人々に伝えるために。

「外では皆が祈っている、わしが見事入滅することを。」「わしの死を望んでいる。

その時白心上人は生まれて初めて後悔を感じ、生きることの執着と暗闇の恐怖に襲われました。

「わしは全身全霊で人々に尽くした。なぜ死なねばならないのだ。」

そうした悲しみの中、白心上人は絶命し、その後体は生き仏として祀られました。

でも彼の魂はその時の後悔や恐怖、深い悲しみの中で成仏出来ず暗闇の中に取り残されてしまいます。

 

白霊山の闇に取り残された白心上人の魂への奈落が囁く

奈落が白心上人に近づいた目的

奈落の目的は、白心上人の強い法力・霊力を利用し奈落を追う者たちから隠れられる秘密の場所を作ることでした。奈落の強力な妖気を隠し、ゆっくり奈落の身体を進化させる為に…!

その目的のために白心上人は利用された訳です。

そんなわけで・・・魂が救われず成仏できず闇に取り残された白心上人の魂に、語りかける者「奈落」が現れます。

奈落「憐れな・・・聖人と崇められ、迷うことも悩むことも許されず。・・・だが誰一人お前のことなど考えてはいない。」

 

白心上人(・・・・わしが口が裂けても言えなかったことだ)

 

奈落「自分を偽るな。お前は生きたかったのだ。」「恨んでも良いのだ。愚かなものたちが、お前を聖人と祭り上げ土の中で生き仏となることを約束させ、そして、お前を孤独の暗闇に放り込んだのだ。恨め、人間を、世の中を。」

聖人として崇められ、迷うこと、弱さを見せることも許されなかった白心上人。

誰にも言うことが出来なかった思い、迷い、苦しみを奈落の言葉により受け入れられたことが、「救い」に感じたのかもしれません。

「誰も分かろうとしてくれなかった、辛かった、悲しかった」…それを奈落はわかってくれる、受け入れてくれる。

闇の中での「奈落の優しさ」が唯一の救いのように感じた白心上人は、奈落に心を許し、奈落に協力することとなります。

 

奈落の様に人を呪い憎むこと、誰かのせいにする方が簡単

人を恨み、誰かを貶めることは簡単です。そうして本当に大切なことから目をそらしてしまいます。誰かを憎むことで、自分は悪くないって思えるし、「ただあいつらが悪いんだ!」って思っていればいいのだから。

憎むことは人間ですし、あって当然です。でも、きっと自分の弱さや憧れがあったから人は憎んだり悲しくなったりする訳で、本当に大切なことは他人を呪うのでは無くて、「このままで自分でいいんだよ。よくやったよ」って自分自身を認めてあげることなんじゃないかなと思います。

奈落は、そんな優しいことは出来ないし、そもそも憎しみ合わせることを望んでいるのでそんなことはしませんが…。

人を憎んで呪うことは簡単だけれど、きっと悲しくてとても不毛なことです。

犬夜叉119〜120話の白心上人を観て〜魂が救われるとは?〜

他者からの理解による「救い」

白心上人は、自分の苦しみや辛さを奈落に理解されたことで自分は救われたと言います。

しかし、魂がこの世にあり続けるということは成仏しきれていないということ。

おそらく、奈落の優しさに、初めての自分の苦しみを理解してくれる者に出会い白心上人は「救われた」と感じているけれど、真実には救われていないのです……。

 

現に桔梗からも、白心上人から悲しみが伝わってくると言われます。

 

しかし、理解されることはやっぱり嬉しいし、「救われた」と感じてしまっても仕方のないことのように思います。

自分が一人でずっと抱えて、苦しくて、辛くて、悩んでいて。それを理解してくれる、優しく包み込んでくれるというのは嬉しいものだよなと思います。

 

自分を受け入れてくれる他者の存在はとてもとても大きいことなのだと思います。

 

本当の救いは自分の弱さを受け入れ自分を認めること

生前は人々を助け、施しを行ってきた白心上人。でも死に際、「後悔」「理不尽感」「死への恐怖」様々な苦しみと辛さがあったはずです。

「恨め、憎め」と奈落が囁いたことで、白心上人は「恨み憎しみ」という感情で自分の悲しみを満たしました。

そうすることで、白心上人は心の奥にあった「本当の悲しみ・後悔(死の間際に煩悩に苛まれ正しく入滅したかったのにできなかったこと、自分の中にある迷いや弱さに打ちのめされた悲しみ、無力で弱い自分…)」をごまかしていたのかもしれません。

 

「憎しみ」「恨み」というものは、辛さを誰かのせいにするということ。自分がなぜ苦しく辛いのか、誰かのせいにしてしまえば楽かもしれないです。

でも、「人々を恨む、世界を恨む、社会を恨む」……誰かのせいにすること、責任転嫁をしてしまうこと、これは本当の自分の理解に繋がりません。

 

悲しみごと自分を受け入れ、認めてあげることが本当の安らかな救いに繋がるのかなと思います。

 

最後にひとこと

人は誰しも弱さを抱えているもの。完璧な人間なんて、どこにもいません。

どんなにすごい人でも、見えないところで悩みを抱えているのだと思います。

ただ、自分を受け入れること、そして他者にも受け入れてもらうことは憎しみの悲しい運命を変えていけることなのかもしれないなあと思うのでした。

 

ということで、今日は白心上人の過去や魂の救済についてと奈落が白霊山の白心上人に近づいてきた理由などについてでした!

お読みいただきありがとうございました〜!!

 

*その他犬夜叉記事はこちらにまとめてあります↓↓

コメント